ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

英語スキルアップ術(英語が苦手な方向け)

英語スキルアップ術(英語が苦手な方向け)
短期のウェディングスクールで学ぶ際には、英語が話せなくても特に問題ありませんが、将来的にハワイのウェディング業界で働くつもりなら、いずれ英語が必要となる時がやってきます。そのため、今から余裕をもって英語を学んでおくとよいでしょう。ここでは、英語を学ぶための心構えやスキルアップ術などをご紹介します。渡航前に英語力を上げておくと、ハワイの楽しみ方もさらに広がるはずですよ。

明確な目標を立てましょう!

明確な目標を立てましょう!
何かを学ぼうとする際には、まず明確な目標を立てることが大切。ただ何となく学んでいたのでは、時間が無駄に過ぎるだけです。短期とはいえ、せっかくハワイのウェディングスクールで学ぶのですから、できるだけ積極的に英語を使っていきましょう。
まずは、自分が知っている単語を使い、挨拶や簡単な会話が出来るようになるなど、低いところから目標を立ててみます。ハワイ滞在中は、日本人だとわかれば現地の方はゆっくりと理解しやすい英語で話してくれるはずです。文法的に多少間違っていても、まずは相手の話が聞きとれる、自分の言いたいことが通じる、といったことに重点をおくのが効果的。クリアするごとに段階を追って、少しずつ英語レベルを上げていきましょう。そういう意識でハワイライフを送ることで、自然と交友関係が広がり、今までとは違った世界も見えてきます。

楽しめる学習方法を選びましょう!

英語を学ぶための方法を調べてみると、星の数ほどあることに驚くでしょう。それぞれにメリットとデメリットが存在しますし、その中から自分の生活や性格に一番適したものを選ぶのは至難の業です。特に、今まで英語をきちんと学んだ経験のない方にとっては、何もかもが手探り状態なのではないでしょうか。
そこで、まずはあなたが一番魅力的に感じる方法を、試してみるのがおすすめ。「わかりやすそう」「楽しそうだな」など、着手しやすい方法を選びましょう。いくら周囲の評判が良くても、自分のレベルよりも高度すぎるものは上達するまでに時間がかかり、次第に英語の学習そのものが嫌になる可能性があります。
自分に適した学習方法とは、英語を楽しみながら長く続けられるもの。それこそが、英語力が上達する近道です。自分に合った学習方法を見つけるまでは、無料体験やお試し制度などを利用するのもよいでしょう。

日常の生活で英語と触れましょう!

日常的に英語に触れることで、英語で考える習慣が自然と身につきます。例えば、朝食の食材の一つひとつを英単語で表してみる・・など、まずは英語を身近なものとしてとらえることが大切。そうすることで、好奇心が刺激され英語への興味も湧いてきます。小さな子供が片言の単語で言葉を発ししていくように、単語から二語、文章へとつなぎ合わせていけばよいのです。
また、好きな洋画や洋楽をただ何となく視聴するのではなく、言葉の意味や発音をきちんと確認することで、英語への理解や関心がより強まるでしょう。その積み重ねが、自然と英語力アップにもつながるはずです。

時間の管理をしましょう!

時間の管理をしましょう!
英語を勉強し始めたばかりの頃は、モチベーションが高く独特の高揚感を覚えるため、ついつい長く勉強したくなるもの。ですが、それは逆効果です。というのも、人は慣れない環境の中に身を置くと、無意識に緊張してしまうから。最初は短い時間から始め、脳や体が疲労しない程度にとどめましょう。「もう少し勉強したいな」と思える程度の余力を残し、慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていくようにすると、効率よく学べるはずです。

英語の話せる人と接しましょう!

英会話スクールやCDなどの教材でも英語のスキルアップは望めますが、それだけでは実際に外国の方と接する時に緊張してしまいますね。そのため、日頃から英語を話す人と積極的に接する機会をもち、普段使いの英会話を体験しましょう。初めのうちは緊張してうまく交流ができないかもしれませんが、回数を重ねることで自然と英語のスキルアップにつながります。SNSなどを使って、メッセージをやり取りするのも効果的。可能であればネイティブな英語を話せる人や日本語を学びたい外国人を探すなどして、英会話を楽しみましょう。
英語を話せる人がいないときは…
スクールなどで一緒に英語を学んでいる人とゲーム感覚で学習しましょう。
  • ① 英語以外は使用禁止
  • ② 英語以外の言葉を使ったら罰ゲーム
  • ③ 無言はNG
などのルールを決めて、英語を積極的に使いましょう。楽しみながら英語に慣れることが、スキルアップにつながります。

その経験は絶対に役立ちます!

その経験は絶対に役立ちます!
自分に適した学習方法が見つかるまでには、「これは無駄だった」とか「こうした方が良かった」など、迷いや後悔に直面することもあるでしょう。けれども、そういった時間や経験は、決して無駄でありません。なぜなら、自分に適していない方法が分かり、それが記憶として残っているからです。多少は遠回りすることになっても、その経験が必ず役に立つ日が来る…そう信じて前に進む気持ちこそが大切なのです。