ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイ基礎知識:通貨と価格

ハワイ基礎知識:通貨と価格
海外旅行の際に気になるのが通貨と価格。特に日本にはないチップ制度があるので現金として現地通貨を準備する必要があります。また、食事やアクティビティ、交通手段など、予算の段階で、現地の価格も気になるところですね。
ハワイは、アメリカ合衆国に属しますので、通貨はUSドルを使用します。日本でも比較的、換金しやすい通貨です。
ここでは、このようなハワイの通貨と価格についてご紹介します。

ハワイの通貨

ハワイの通貨
日本から支払いで利用するために準備するのは、現金・TC(トラベラーズチェック)・クレジットカードです。
現金はどこでも使えますが、盗難や紛失などを考えるとあまり多く持ち歩くのはおすすめしません。しかし、現金のみの支払いやチップが必要となりますので、ある程度の現金は準備したほうがいいでしょう。
TCも使える場所が多いので便利です。クレジットカードは、ショッピングなどで限度額を超えてしまうと、ホテル代やアクティビティなどの支払いが出来なくなってしまうので、2枚程度準備することをおすすめします。
通貨の種類
紙幣は11種類あり、1~10,000ドルまでが流通しています。普段、良く使う紙幣は1・5・10・20ドルの4種類です。高額紙幣になればなるほどお釣りが用意出来ないために敬遠されてしまいます。また、高額紙幣を使用すると偽札かどうかのチェックをされて、その細かさに気分を損ねることもありますので、なるべく普段使用できる紙幣を準備していきましょう。
硬貨は6種類あり、1セント~1ドルまでが流通しています。
普段、良く使う硬貨は1・5・10・25セントの4種類で、それぞれに別称があります。
1セント=ペニー 5セント=ニッケル 10セント=ダイム 25セント=クォーター
支払いをするときに別称で言われることがありますので、覚えておくと便利です。
硬貨は、日本で換金することが出来ませんので、準備する際も1ドル札を多めにしておくと便利です。
換金について
換金のポイントは、10ドルと20ドルを中心に紙幣をバランスよく揃えることです。特に1ドル札はチップで必要なりますので、少し多めに(20~30枚ほど)換金しておくと便利です。
変動相場制により、その日によって換金のレートが変わります。ハワイの渡航が決まったら、円高の時に換金しておくと、いくらかお得です。日本では、郵便局、都市銀行や地方銀行の本支店、大手旅行代理店、国際線が発着する空港カウンターなどで換金することが出来ます。出発直前でも換金が可能なので、仕事などで換金する時間のない方は、空港カウンターを利用する方が多いようです。
日本円を持っていればハワイでも換金できます。ハワイは、銀行・空港・ホテルなど様々な場所での換金が可能です。手数料がかかることもありますので、州政府公認の両替所で換金するのがお得と言われています。日本で用意しないで、その日のレートを見ながら換金するという楽しみ方もあります。

ハワイの価格

ハワイの価格
日本からショッピングを目当てに観光客が訪れるハワイ。しかし、ハワイの物資はアメリカ本土より飛行機や船を使って輸送されてきますので、アメリカ本土に比べて高めです。
では、どのくらいの価格帯になるのか、食品や日用雑貨、交通費に関してご紹介します。
食料品
多くのスーパーマーケットがあり、生活に必要なものは、ほとんどが揃っており、日本の食品が揃っているところも多くなりました。しかし、ハワイで収穫出来る農産物は、ほとんどありません。牛肉やお米、ドリンク類に関しては、アメリカ本土でも安価なため比較的安く購入出来ますが、魚介類や乳製品に関しては割高です。
日用雑貨
日本では安価なイメージが強い紙製品。しかし、ハワイでは意外と高額なことに驚きます。
例えば、トイレットペーパーは日本で12ロール300円前後ですが、ハワイでは6ドル前後が相場です。ボックスティッシュも1箱1~2ドル前後です。日本円で換算すると倍くらいの価格帯です。
交通費
一般的な移動手段は、The busです。大人2ドル、子供1ドルの同一料金で利用出来、自転車も積むことが可能なので、出先で自転車に乗ることも可能です。
観光で訪れる人が多く利用するのが、ワイキキトロリー。観光客向けの交通手段のため、ホノルル市内の観光地やショッピング、東海岸の観光地などに訪れるには便利です。オープンエアーなのでハワイの風を感じながら走れるところも人気の一つです。ワイキキトロリーのチケットは、ワイキキの主要旅行会社デスクやDFSギャラリアのチケットブース、ワイキキトロリーのウェブサイトで購入が可能です。割引などもあるので、ワイキキトロリーサイトを上手く利用するといいでしょう。

ハワイでの両替

ハワイでの両替
日本で為替両替といえば銀行に行くのが一般的ですが、ハワイでは銀行だけでなく街の両替所やホテルのフロントなどでも両替することが可能です。
旅行者はもちろんのこと留学でハワイに行く方々にとっては、少しでもお得なレートで両替したいと思うのは当たり前。気軽にできるからこそ、生活するうえで押さえておきたいポイントですよね。
ここからは、ハワイでの両替についてご紹介します。
ハワイ到着後の両替
ハワイ到着後、最初に目にする両替所は空港の国際線ターミナルの両替窓口。ドルを持っていないからとあわててここで両替する方も多いのですが、日本の銀行より15%ほどレートが高いうえに手数料もかかります。
同じく、ホテルのフロントで両替するのもレートが悪く手数料もホテルによってはけっこうな負担に。
銀行での両替は空港やホテルに比べると良心的なレート設定ではあるものの、銀行自体の営業時間が短く土日も閉まっているのが難点です。
ハワイ着いてからは、最低でも空港からホテルまでの交通費やホテルで荷物を運んでくれるポーターへのチップが必要になります。空港やホテルでの高いレートでの両替を避けるために、最小限の現金として50〜100ドルくらいは日本で両替して持って行きましょう。
おすすめの両替場所
ハワイで最もレートが有利で、そのうえ手数料無料なのがワイキキにある民間の両替所。基本的には日本の銀行で両替するよりもレートが良いのでおすすめです。
評判が良いのは免税店で有名な「Tギャラリア ハワイ by DFS」の両替所や、そのすぐそばにある「アロハ日本円領外所」ですが、周辺には政府公認の両替所がいくつもあります。わからなかったらTギャラリアのあるロイヤル・ハワイアン通りに行ってみましょう。ただし店によってレートは異なるので、数件見て回ってから入ることをおすすめします。
両替額について
留学期間が長いと途中でドルが不足しないように、レートがお得な日に一度にたくさん両替しておこうと考える方もいらっしゃると思いますが、多額の現金を持ち歩くのは危険です。手数料のかからない民間の両替所で、必要な分を少しずつ替えましょう。
また、両替する時は10ドルや20ドル札を中心に。50ドルや100ドルは生活するうえで使いづらいので、ハワイの人たちは高額の支払いをする場合はクレジットカードを使います。日本人にとってもクレジットカードはレートが良く、防犯上もおすすめです。