ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

海外ウェディングプランナーの仕事内容

日系企業所属のウェディングプランナーとフリーランスプランナー

日系企業所属のウェディングプランナーとフリーランスプランナー
日本と海外では、ウェディング事情や仕組みがかなり異なります。例えば、日本ではホテルの婚礼部門や各地の結婚式専門施設に、多くのウェディングプランナーが所属していて、国内挙式を挙げる方の多くは、今もそういったサービスを利用するのが一般的。ただ、セレモニーの一つひとつがパッケージ化されているため、日本では完全オリジナルのウェディングは、まだ珍しいと言えるでしょう。しかし、海外では新郎新婦とウェディングプランナーとで、結婚式を一から手作りしていくのが一般的。ある程度パッケージ化されている商品を組み合わせていく日本方式とは異なり、会場探し、衣装、お花、写真、音楽などをそれぞれ手配する必要があります。そのため、ウェディングプランナーには幅広い知識と人脈、アイディアが求められています。

型にとらわれない海外ウェディング事情

型にとらわれない海外ウェディング事情
日本に比べ海外では、宗教的な事情がウェディングにも影響を与えているため、宗教や宗派の慣習にのっとった結婚式をされる方が多いです。その一方では、何ものにもとらわれない、自由な結婚式を行うカップルも沢山いらっしゃいます。近年、日本でも注目を集めているガーデンウェディングやビーチウェディングといった流れも、こういった海外のウェディング事情に影響されたものです。海外の場合、オリジナリティーを重んじるカップルのほうがスタンダードですから、広い視野や遊び心をもっているプランナーこそが、お客様を満足させることが出来ます。そのため、日本においてはウェディングプランナーが“アテンド”要素が強いのに対し、海外のウェディングプランナーは“クリエイター”要素が強いと言えるでしょう。

文化と宗教

先に少し述べましたが、移民の多い海外では日本では考えられないほど、文化と宗教の問題をデリケートにとらえています。そのため、新郎新婦がその辺の事情を問題視している場合も多く、不安や疑問を解消しながら上手にコーディネートしていくことが、ウェディングプランナーの資質だと言えるでしょう。

欧米のブライダルトップシーズンは?

欧米のブライダルトップシーズンは?
“ジューンブライド”の由来にもなっている通り、6月は欧米で最も気候が安定する時期。特に野外ウェディングを好む欧米の方々にとっては、この時期から10月頃までがピークとなります。また、海外では結婚式を丸一日かけて行う場合が多く、挙式、披露宴、パーティーと朝から深夜までプランナーが付き添うのが一般的です。