ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイ渡航前の持ち物チェックシート

ハワイ渡航前の持ち物チェックシート
ハワイで充実した時間を過ごすために、渡航前の準備はしっかりしておきたいですね。ほとんどのものは現地での調達が可能ですが、中には日本から必ず持っていかなければならないものもあります。
ハワイに行ってから後悔しないためにも、ここではウェディングスクールで必要な持ち物をリストアップしました。渡航前のチェックにご活用下さい。

貴重品

発効日や番号など、紛失した際に備えて必要な情報は控えておきましょう。

観光やビジネスなどの目的で90日以内の短期の滞在の場合、ビザは不要です。けれども、その代わりに事前に「ESTA」の申請を行い、認証を受けることが義務づけられています。

ハワイのレストランや宿泊先などではチップが必要なので、事前にいくらか両替しておきましょう。ドル用として日本円とは別の財布を用意しておくと、支払いの際に便利なだけでなく、盗難や紛失の対策にもなります。

ハワイ滞在中に現金を多く持ち歩くのは危険。ですから、クレジットカードを2枚程度持っていると、限度額を気にせず使えるので安心です。また、紛失やトラブルの際に必要となる、カード会社の緊急連絡先を確認しておきましょう。

購入したら、すぐにサインしておきましょう。

どんな事情であれ、航空券が無ければ飛行機には搭乗出来ません。紛失しにくい、分かりやすい場所に入れて持ち歩きましょう。

ハワイでの滞在が短期であっても、万が一のために加入しておきましょう。現地の連絡先や問い合わせの先の情報も忘れずに。

パスポートを紛失した際に必要ですから、2枚用意しておくと安心です。

point
POINT
盗難や紛失など、貴重品の管理には十分に注意しましょう。
パスポートやビザなどの重要書類をコピーした際は、原本とは別にして保管しましょう。

バック

必要に応じたサイズを選びましょう。帰りはお土産などで荷物が増えることを想定して、少し大きめのものを準備するのがおすすめです。

他の人との荷物の判別するために、目印となりやすいものを付けると便利です。

常に貴重品を持ち歩く小さめのバッグを用意しておきましょう。

食事やショッピングなど、街を歩く時に便利です。

point
POINT
【スーツケースのサイズ】※機内に持ち込めるもの
100席以上の航空機
三辺の合計が115cm以内
幅×高さ×奥行きのすべてが55cm×40cm×25cm以内
重さが10kg以内
100席未満の航空機
三辺の合計が100cm以内
幅×高さ×奥行きのすべてが45cm×35cm×20cm以内
重さ10kg以内

衣類

現地で購入する場合、サイズが日本人の体に合わないこともあります。特に肌が敏感な方は、日本から少し多めに準備していきましょう。

Tシャツなど

ジーンズやスカートなど

エアコンが効きすぎて肌寒い時や日差しを避けるために、羽織れるものを一枚用意しておきましょう。

履きなれたものを準備しましょう。

室内履きとしても使え、ちょっとした買い物にも便利です。

室内や機内であると便利です。

日差しが強いので、日焼け対策は万全に。

現地でも販売していますが、サイズが合わない場合もあります。念のため、持参したほうが安心です。

機内で眠る時に、あると便利です。

point
POINT
衣類はかさばるため、必要最低限を持っていくようにします。
レストランによってはドレスコードがあるので、事前にチェックしておき、
その店に相応しい服装を用意していきましょう。

医薬品・衛生用品

頭が痛い、風邪気味など、体調を崩してした時には、普段から飲んでいる薬を準備していくと安心です。

ハワイは予想以上に日差しが強いので、日頃はあまり日焼けを気にしない方も日焼け止めを持参しましょう。

乗り物酔いが心配な方は必要です。

野外での活動を予定している方は、持っていくことをおすすめします。

日本とは環境が異なるため、持っているとさまざまな場面で役に立つはずです。

ハワイでは、ホテルのアメニティとして用意されていない場合もあります。

外出する時に必要です。

ホテルのアメニティが肌に合わない場合もありますので、気になる方は持って行くことをおすすめします。

肌の弱い部分に使用しますので、普段使っているものを持参すると安心です。

ホテルの室内や機内などでの乾燥対策に便利です。

point
POINT
現地で調達出来るものが多いですが、肌に直接触れるものや薬などは、
使い慣れたものを持参したほうが安心ですね。

その他

ハワイは、電圧が日本と異なります。日本から電化製品を持っていく際には、海外使用対応製品かを確認し、そうでなければ準備していきましょう。

部屋に備え付けがない場合は、フロントで借りられることがほとんど。使い慣れたものがあれば、持参すると安心です。その際には、電圧の確認をお忘れなく。

カメラだけでなく、記録媒体を準備することも忘れずに。

充電の必要な電化製品は、充電器や予備のバッテリーがあると便利です。また、電池式のもの(目覚まし時計など)も予備の電池を持っていきましょう。

ウェディングスクールで勉強する際に、必需品ですね。

スーツケースや荷物につけておくと、盗難防止になります。

特に、コンタクトを使用している方は洗浄液などもお忘れなく。

簡易なものを準備しておくと安心です。

下着などの小物を洗濯する際に便利です。

荷物をコンパクトにまとめるのに、あると便利です。

POINT
ハワイでの滞在先やスケジュールなどは、コピーして家族に渡しておきましょう。
ハワイでの調達が可能かどうかを事前に確認しておくと安心ですね。