ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイ基礎知識:時差/気候

ハワイ基礎知識:時差/気候
常夏の国ハワイ。真っ青な空、エメラルドグリーンの海、そして眩しい太陽が象徴的です。その温暖な気候と安定した天気が、世界各国から人気の観光スポットとしてあげられる理由の一つです。
自然の豊かなハワイだからこそ生まれた独特の文化があります。自然の恵みから得られるものを大切にし、そのパワー全身で感じられる場所です。カウアイ島・オアフ島・モロカイ島・マウイ島・ハワイ島を代表として、100以上の小さな島々すべてをハワイ諸島と呼びます。全ての島々が安定した気候のように感じますが、実は、季節があり、シーズンによって海や街の表情が違って見えます。場所によっては年間の半分以上で雨が降っている地域もあります。それもハワイの魅力です。
ここでは、ハワイの時差と気候についてご紹介します。

ハワイと日本の時差

ハワイと日本の時差
ハワイと日本の時差は19時間です。日本よりもハワイの時計が19時間遅れていると考えます。
日本時間+5時間-1日=ハワイ時間
ですから、日本の深夜0時は、ハワイでは前日の午前5時となります。サマータイムの設定はないので、一年を通じてこの方法で計算すると、現在の日本からみたハワイの時間が分かります。
夜間に移動する往路は、夜が5時間短くなります。その分、普段の睡眠時間が少なくなると考えると、ちょっと辛くなってきますね。これが、時差ボケの原因です。日本の主要都市からホノルル国際空港までは、往路は約6時間半~7時間、復路は約7時間半~8時の飛行時間がかかります。体調を考えて、出発時刻を検討して時差ボケ対策をしましょう。

ハワイの気候

ハワイの気候
ハワイは、熱帯に属しますので、年間を通じて安定して夏の気分を味わえます。しかし、日本のようにはっきりしていませんが、実は四季があり気候の変化があります。
観光客が多く訪れるオアフ島は、熱帯・亜熱帯に属します。4月~9月を乾季、10月~3月が雨季となり、気温は平均して約24℃と、とても過ごしやすい気候です。
観光客が好んで訪れる乾季は、熱帯特有の湿気の少ない特に過ごしやすいシーズンといえます。
8~9月の一番暑いとされる時期でも最高気温が32℃を超えることはなく、日陰に入ると肌寒く感じるので暑さが気になりません。ほとんど晴天ばかりなので、どんなアクティビティをするにも気分よく出来ます。
時折、一時的なシャワーやお天気雨くらいの雨が降ります。日本のように一日中降り続くことはほとんどありません。
雨季であっても、比較的雨が多いとされているだけで、日本の梅雨のように雨が降り続くようなことはありません。
もっとも雨が多い12月~1月には、稀に10日間から半月程度になることもあります。
屋外のアクティビティやウェディングなど、目的があってハワイへ訪れる場合は乾季を選んだ方が無難です。

日の出時刻と日の入時刻

日の出時刻と日の入時刻
美しいサンセットも魅力の一つのハワイ。サンセットビューで有名なスポットもあり、サンセットディナーやクルーズなど、サンセットを堪能するプランが数多くあります。最高のサンセットを迎えるためには、日の入時刻をチェックしましょう。
夏と冬の日の入時刻の時間差は約1時間です。主に18:00~19:00前後。日本もそうですが、日によって変わりますので正確な時間を知りたい方は事前にチェックするといいでしょう。
また、早朝からハワイを満喫したい!という方には、日の出時刻をチェックしましょう。ダイヤモンドヘッドからのサンライズビューの美しさは見た人を魅了します。夏と冬の日の出時間も時間差は約1時間で主に6:00~7:00前後。こちらも日によって変わりますので、サンライズビューをお目当ての方は事前に詳細チェックをおすすめします。