ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイ基礎知識:マナー

ハワイ基礎知識:マナー
日本文化に理解のあるハワイ。だからこそ、ハワイは日本人の海外旅行先の人気№1なのでしょう。しかし、安心して気を抜いてしまってはいけません。日本文化に理解があると言え、ハワイはアメリカです。文化やマナーも違いがあります。
「郷に入っては郷に従え」と言うように、ハワイではハワイのマナーを理解して守ることが大切。
ここでは、最低限のマナーをご紹介します。日本人として恥ずかしくないように振る舞いましょう。
チップ
チップ
日本ではあまり馴染がないチップ。身の回りのことを「して頂いく」ことへの謝意を込めて支払うものです。現在では、当たり前のこととして周知されていますが、実際にハワイに訪れると忘れがちなマナーです。ハワイの労働者はチップを考慮した賃金で支払われていることもありますので、忘れないようにしたいものです。但し、レストランなどでは、予めチップが含まれていることや伝票に追加して"TIP"や"Gratuity"の記載がある場合もあるので、確認してからチップを支払うようにしましょう。
空港のポーターやホテルのベルボーイ、ベッドメイキング等、身の周りのちょっとしたお世話をしてくれた方には、50セント~1ドルを毎回支払います。レストランやルームサービス、タクシー、美容師などは料金の15%が基本です。
ファーストフードなどには必要ありませんが、バーなどで飲み物を持ってきてもらった時には50セントを毎回支払うのがルールです。
チップは、出来るだけ紙幣で支払うのがマナーです。また、良くしてもらえた場合にはプラス、不満を感じた場合はマイナスして支払うのもマナーです。
硬貨は、日本で換金することが出来ませんので、準備する際も1ドル札を多めにしておくと便利です。
ドレスコード
ハワイは、アロハシャツやムームー、ハワイアンドレスなどが正装として認められているため、ドレスコードがあると言っても、ネクタイやワンピースなどが無くても入れるところが多くあります。しかし、サンダルや襟なしのシャツ、短パンはNGです。せっかくレストランを予約したのに、ドレスコードに満たしていないために入店不可と言うことにならないように、事前にチェックしておくことをおすすめします。
パブリックスペース
パブリックスペース 日本人はホテル内全てがプライベートスペースと勘違いし、ホテルの廊下やロビー、エレベーターなどをスリッパ履きや下着姿で出歩いてしまう方を見受けることがあります。しかし、ホテル内であってもパブリックスペースですので、部屋を一歩出るときは、外出する時と変わらない服装で出かけましょう。
また、ついやってしまうのが、ラナイ(ベランダ)に洗濯物を干してしまうこと。マナー違反になりますのでご注意下さい。
レディーファースト
男尊女卑の時代が長かった日本には、なかなか定着しないレディーファースト。ハワイでは常識ですので意識しましょう。
レストランで着席する際は、女性が先に座り、ウェイターが椅子を引かない場合は連れの男性が行います。また、ドアで一緒になった場合は、先にドアを開けて押さえ"After you."と言って女性や子供に道を譲ります。
女性は、きちんとお礼を言って通ることを忘れずにしましょう。レディーファーストでも礼儀は必要です。
身体の接触
日本人でも見知らぬ人との身体の接触は、あまり気分のいいものではありません。満員電車などで、多少離れているとはいえ嫌なものですね。満員電車などの習慣のないハワイでは、さらに嫌がるものだと言われています。狭い通路などでは、相手が通過するまで待ちましょう。もしも、肩や手などが触れてしまったら、必ず"Excuse me."と言うことを忘れずに。
喫煙
日本でも喫煙出来る場所が限られているように、ハワイでも喫煙エリアは決まっています。アメリカ国内としては寛容な州とされていますが、日本より厳しくなっていますので喫煙する際は場所を確認しましょう。
例えば、ビーチや公園、公共の場所では禁酒禁煙です。ショッピングセンターも喫煙場所が決められているところがほとんどです。また、ポイ捨てやくわえタバコは絶対にNGです。
挨拶
日本でも基本的なマナーです。
知り合いではなくても、すれ違った時に"Hi"と言われたら必ず返しましょう。また、自分からしてみても良いマナーです。英会話が苦手なら、挨拶だけはするように心がけましょう。人目を避けてコソコソしていると印象が悪くなります。