ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ウェディングドレスの基礎知識

ウェディングドレスの基礎知識
裾に向けてふんわり広がるスカートに、可愛らしい刺繍やレースの飾り…おとぎ話のお姫様に憧れ「いつかは私も!」と純白のウェディングドレスを着る日を夢見て来た女性はきっと少なくないはず。 夢を叶えるウェディングでは、お気に入りのウェディングドレスで魔法をかけて。
今回は、ドレス選びに欠かせないウェディングドレスの基礎知識をお伝えします。

ウェディングドレスの種類

ウェディングドレスの種類
ひとくちにウェディングドレスと言っても、その種類はさまざま。 ドレスのシルエット、デザイン、色、素材などにより、まったく違った印象になります。希望するウェディングのイメージや挙式会場に合わせて、ウェディングドレスを選ぶことがコツです。

ウェディングドレスのシルエット

◆Aライン
◆Aライン

Aラインドレスとは、裾に向かって直線的に広がり、アルファベットのAのようなシルエットのドレスのこと。
昔からウェディングドレスに数あるシルエットの中でも不動の人気ナンバー1で、とある調査によると花嫁さんの7割以上がAラインドレスを選んでいるのだとか。
人気の理由は、シンプルで洗練された印象を与えるデザインだけでなく、体型を選ばずスタイルを良く見せてくれるところ。ウエストの位置が高く縦のラインが強調されるので、実際より長身に見せる効果もあります。少し目立ちはじめた妊婦さんのお腹もカバーしてくれるデザインなのでマタニティ初期の方にもおすすめのウェディングドレスです。

◆プリンセスライン
◆プリンセスライン

プリンセスラインドレスは、おとぎ話のお姫様を思わせる可愛らしいシルエットのドレスです。 ボディラインにフィットした上半身とふんわりボリュームのあるスカートが、ウエストを細く見せてくれます。スカートで下半身を丸ごとカバーすることができるので、ぽっちゃりした人やお尻が大きい人でも似合うものが見つかるでしょう。また逆に痩せすぎていることにコンプレックスを感じている花嫁さんにもおすすめで、ふんわりとゴージャスで女性らしい雰囲気が出せます。 どんな体型の方も着こなせるプリンセスラインのドレスは、Aラインのウェディングドレスと並んで人気の高いシルエットです。

◆ベルライン
◆ベルライン

その名の通り、ベル(鐘)の形のように丸く膨らんだスカートが特徴で、花嫁さんの可愛らしく女性らしい表情を引き出してくれるウェディングドレスです。プリンセスラインより広がらずに落ち着いていますが、ゴージャスで華やかな印象を与えるので大きな会場にも向いています。 また、プリンセスラインにはないウエストの切り替えしでスタイルを良く見せてくれるドレスでもあります。絞ったウエストとボリュームある腰回りでメリハリが出せるのが魅力。背の高い人はローウエスト、背の低い人は高めのヒールにすることで、バランス良い着こなしができるでしょう。 ちなみに、中世ヨーロッパの貴婦人が舞踏会で好んで着ていたドレスはベルラインのものだとか。

◆エンパイアライン
◆エンパイアライン

バスト下の切り替えしから流れるスカートが特徴のエンパイアラインは、軽やかでシンプルなデザインが魅力です。ナチュラルな印象なので、ハワイなどのリゾート婚やガーデンウェディングでも人気のドレスです。 ウエストの位置が高く、スカートは他のタイプのドレスのシルエットに比べて主張しすぎていない、華美さをほどよく抑えた上品なイメージ。そのため女性ゲストからのウケも良く、おしゃれな大人の花嫁さんに多く支持されています。 また、このウエストの高さによって足が長く見えたり、マタニティの花嫁さんが無理なく着られたりというメリットも。

◆マーメイドライン
◆マーメイドライン

フェミニンで大人な雰囲気を演出するマーメイドラインドレス。膝から裾へと広がるスカートは、まるで人魚の尾ひれのよう。ウエストから膝にかけての曲線美が目を引くシルエットのドレスです。マーメイドラインのウェディングドレスにはシンプルなデザインのものが多いので、ヘッドドレスやヘアアクセで髪を華やかにしてバランスを取りましょう。 上半身から膝までのボディラインがしっかり出るシルエットなので、背が高くてスリムな体型の方に似合うドレスといえます。背が低い花嫁さんの場合は、髪をおだんごにして高さを出したり、ロングベールで縦ラインを強調すると良いでしょう。

◆スレンダーライン
◆スレンダーライン

アルファベットのIのように全体的に細くてストンとしたシルエットのスレンダーラインドレス。スレンダーラインの幅よりも高さを強調するタイトなシルエットは、長身でスリムな方が着こなすとかなりキマります。 シルエット自体が細身なのでボディラインが際立ちますが、動きやすいのでハワイウェディングにも向いているウェディングドレスです。 また、上品で落ち着いた大人っぽい雰囲気があるので、合わせる小物で華やかさをプラスしましょう。ハワイウェディングでは、プルメリアなどのカラフルな南国の花を合わせると相性がバツグンです。

◆ミニ丈・アンクル丈
◆ミニ丈・アンクル丈

脚が隠れる長さのウェディングドレスが多いですが、中にはスカート丈が膝上のミニ丈、くるぶしまでのアンクル丈のドレスもあります。 通常のドレスより丈が短い分、動きやすいというメリットが。とくにハワイなど暖かいところにある挙式会場では、涼しげに見えるミニ丈やアンクル丈のドレスもおすすめです。ミニ丈は若々しくて可愛らしい印象に、アンクル丈はどこか清楚でフェミニンな印象になります。 すらりと伸びた脚が自慢の花嫁さんなら、思い切って脚を見せるデザインのウェディングドレスを選んでみてはいかがでしょうか。

ハワイウェディングのドレス選びのポイント

◆シワになりにくいか?
とくにドレスを持ちこみされる方は、シワになりにくい素材のドレス選びが必須です。
せっかくのウェディングドレスがシワで台無しになってはもったいない。心配な方は現地でのドレスレンタルが安心です。
◆軽くて動きやすいか?
ハワイならではのビーチウェディングやガーデンウェディングでは、とにかく動きやすさがポイントです。裾の長いスカートや重いスカートのウェディングドレスは控えた方が無難でしょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。