ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイウェディングの人気スポット(神社・和装挙式編)

ハワイウェディングの人気スポット(s神社・和装挙式編)

海の見える教会でのウエディングドレスを着た式には憧れますが、白無垢に綿帽子、色内掛け…日本人としてはたとえハワイであっても、和装での挙式も捨てがたいですよね。
昔から日系人やハワイ在住の日本人にも人気の和装挙式。せっかくならハワイにある由緒正しい神社で本格的に挙げましょう。

ここではハワイでの和装挙式にはもちろん、観光スポットとしてもおすすめの4つの神社をご紹介します。

出雲大社

出雲大社

人気バラエティー番組でもすっかりお馴染みとなっているハワイの出雲大社は、チャイナタウンの端、川に面したところに位置する神社。ご祭神「大国主大神」は縁結びの神様なので、和装挙式をするのにまさにぴったりの場所と言えます。ハワイの神社らしく真っ白な鳥居や首からレイを下げた狛犬などが印象的ですが、正真正銘、島根県の出雲大社の分社として100年以上前に日本の移民により建てられました。

日本で手作りしたものに御霊を入れて送られてくるお守りはお土産にもおすすめで、厄除けや開運以外にホノルルマラソン参加者に人気のマラソン用や、サーファーに人気の水難除けなどがあります。

ハワイ大神宮(布哇大神宮)

ハワイ大神宮(布哇大神宮)

今の場所に移ったのは1958年ですが、もともとは高知県から移住した日系人たちが1903年に建てた神社で、伊勢神宮の分社です。ハワイ大神宮のあるヌアヌ渓谷は、ハワイの中でも特にスピリチュアルな地域で、宗教関係の施設が多く集まっています。
主祭神は三重県の伊勢神宮と同じく天照大御神ですが、リンカーンやジョージワシントン、カメハメハ大王にカラカウア王などの歴史上の人物も一緒にお祀りされているあたりは、ハワイの神社ならでは。
鳥居もなく神社らしからぬ外観かもしれませんが、それはこのハワイで最も古い神社が戦争の影響を受けているから。ここで和装挙式をして、先人たちが残してくれた平和に感謝し日本人としての誇りを再認識したいですね。

ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮

ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮

カリヒ地区のフリーウェイH1沿いに位置し、香川県にある金刀比羅神社や福岡県にある太宰府天満宮だけでなく、山口県の白崎八幡宮や福井県の大瀧神社など、同じ敷地内に日本各地の名だたる7柱の神様が合祀されています。
和装婚にも人気ですが、お正月には参拝客に雑煮が無料でふるまわれることから、それ目当てに初詣に来るロコも多いのだとか。

ホヌ(ウミガメ)柄のお守りや干支Tシャツなど、和装挙式に参列したゲストがお土産にまとめ買いする光景がよく見られます。

平等院

平等院

1968年に、ハワイへの日本人移民100周年を記念して建立されました。京都の宇治にある平等院鳳凰堂は世界遺産ですが、ハワイの平等院テンプルはその1/3のレプリカ。とはいえ、あざやかな朱色がコオラウ山脈の緑によく映える平等院はロコたちからもゴージャスだと大人気で、映画やドラマシリーズのロケ地にもなりました。
立派で趣のある日本庭園の池には鯉がなんと数百匹もいて、訪れる人を楽しませています。この池の脇にある鐘をカップルで鳴らすと幸せになると言われているので、和装挙式の後にぜひ鳴らしましょう。
また、本堂に鎮座する阿弥陀如来坐像は日本で作られて船で運ばれてきたものですが、この像以外にもさまざまな宗派の紋や十字架が飾られていて、宗教の垣根を超えた展示は「平等」を意味しています。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。