ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ハワイウェディングに使われる花々

ハワイウェディングに使われる花々

「将来、ハワイウェディングの仕事をしてみたい」という方には、就職活動を始める前に、ハワイのウェディングスクールへの留学やウェディングサロンでのインターンシップがおすすめです。

ウェディングスクールのカリキュラムなどを通じ、ハワイウェディングとはどのようなものか、という基本からその仕事内容、ハワイの生活環境などを体験してみることで、夢の実現に近付くことができるでしょう。

実際、ハワイにあるウェディングスクールへの留学生やインターンシップ生に、プログラムの感想を聞いてみると「ウェディングスクールに通って良かった」「インターンシップは本当に役立った」という声ばかりが聞かれます。

さて、そんなウェディングスクールやインターンシップの体験をより充実したものとするには、ウェディングスクール・インターンシップの前、そしてウェディングスクール・インターンシップ中、ウェディングスクール留学後・インターンシップ後にも自ら学び、知識を深めようとする努力が大切です。

例えば、ハワイでのウェディングでは、さまざまな南国の花々がセレモニーを彩ります。新婦の冠(ハクレイ)や髪飾り、ブーケ、新郎やゲストが首にかけるレイ、会場の装飾など。ハワイでのインターンシップやウェディングスクールへ留学中には、そういった花々をよく目にされることでしょうし、インターンシップやウェディングスクールでの実習の一環としてブーケを作る機会があるかもしれません。そこで、ここではハワイでのウェディングで大切な役割を果たしているハワイの花々やそれに関連する情報を、詳しくご紹介していくことにします。

ハワイウェディングに使われる花の種類

ハワイのウェディングスクールへの留学また現地のウェディングサロンでのインターンシップをされる皆さんに、まずご紹介したいのが、ハワイウェディングに登場する花々の種類です。一体、どのようなものが使われているのか、いくつか見ていくことにしましょう。

プルメリア
プルメリア

ハワイウェディングで最もよく使用される花がプルメリア。プルメリアの木はハワイの至るところで見られます。その花には清楚な白や可愛らしいピンク、鮮やかな黄色などがありますが、ハワイでは「神に宿る花」と言われ、大切な相手の幸せを願い身を守る役割もあるとされています。美しさが長持ちするためレイに使われることも多く、上品な甘い香りも魅力的です。


ハイビスカス
ハイビスカス

古くからハワイを象徴する花として親しまれており、1988年には黄色いハイビスカスがハワイ州の花に定められました。神に捧げるための花とされ、「あなたを信じます」「上品な美しさ」「華やか」などの花言葉があります。日本では沖縄などでも見られる、南国らしさいっぱいの花です。


シンビジウム
シンビジウム

西洋ランの一種です。その可愛らしい丸みのある花がウェディングブーケによく使われています。色は白、ピンク、黄色、オレンジ、レッドなどさまざま。代表的な花言葉は「飾らない心」、「高貴な美人」、「華やか恋」です。


アンセリウム
アンセリウム

ハートのような形の鮮やかな赤色のものが最もよく知られていますが、ピンクやグリーンのものもあります。ハワイはアンセリウムの世界有数の産地で、花言葉は「無垢な心」、「飾らない美しさ」、「情熱」などです。


ピカケ
ピカケ

ピカケとはハワイ語で鳥のクジャクを意味し、別名をハワイアンジャスミンともいいます。まだ開ききらないつぼみを、ビーズのように繋いでレイに仕立てることが多いようです。繊細さと清楚さを備えた白い色とジャスミンならではの高貴な香りが、ハワイウェディングにはぴったりで、新婦の胸元を品よく飾ります。


マイレ
マイレ

正確に言うと花ではなく、香り高い緑の葉を新郎用のレイに用います。派手さはありませんが男性的な爽やかさと力強さを持ち、神聖なパワーが宿ると言われています。


ククイ
ククイ

こちらも花ではなくククイという木の実でレイを作り、ハワイウェディングでは新郎が身に付けます。ククイナッツとも呼ばれるその実の色は光沢のある茶色、または黒です。


ハワイウェディングでの花の使われ方

ここからは、ハワイにあるウェディングスクールへの留学中、また現地のウェディングサロンでのインターンシップ中に最もよく目にすることになるはずの、新婦様用ブーケ、冠(ハクレイ)以外への利用法をご紹介します。


新婦用アンクレットレイ

特別に小さく作ったレイで新婦の足首を飾ります。このアイテムは特にハワイでのビーチウェディングやビーチフォト撮影の小物に最適。花のピンクや葉のグリーンが白い砂に美しく映えて、おふたりのハワイウェディングを盛り上げます。


新婦用レイ・ブーケ

長めに作ったレイを何本か束ねて垂らし、ブーケのように手で持てるようしたものです。ウェディングドレスの長い裾ともよくマッチし、新婦様をゴージャスで鮮やかに飾ります。


レイによる会場デコレーション
レイによる会場デコレーション

挙式やウェディングパーティーの会場でもハワイの花々は大活躍します。会場のチェアやテーブルにレイをかけるシンプルなものから、会場のシンボルとなる木やヤシの幹を飾るもの、新郎新婦様やゲストが出入りする入口に何本ものレイを並べて垂らした豪華なフラワーカーテンなど、工夫しだいで使い方はさまざまです。



ハワイのウェディングスクールへの留学や現地ウェディングサロンへのインターンシップを体験するとわかりますが、ハワイウェディングの世界は本当に奥が深く、学ぶべきことは多岐に渡ります。たとえ知識としてであっても、知っていた方があなたのハワイでのウェディングスクール、インターンシップ体験をより深いものにできるのです。皆様のハワイへのウェディングスクール留学、インターンシップ体験の成功を心よりお祈りしております。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。