ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

海外で働くためのビザ

海外で働くためのビザ

3ヶ月以上アメリカに滞在される場合は必ず目的に合わせたビザが必要となり、また海外で働くためにはビザが必要です。J-1ビザ。ハワイで働くことを目指している方なら聞いたことがあるのではないでしょうか?J-1ビザとは、アメリカ情報局が認定したインターンシッププログラムで、アメリカで働く経験が出来る教育プログラムです。

J1ビザ

J1ビザ

ハワイで働く方は初めに、比較的簡単に取得できるJ1ビザを取得し働きながら経験を積み就労ビザを取得される方がいらっしゃいます。J1ビザでハワイに働きながら滞在できる期間は主に12ヶ月間と18ヶ月間と定められています。この間に企業から認めてもらえるような実績を残さないと就労ビザの取得は難しいですが、インターンシップ後にそのまま企業に就職をする可能性もあります。J1ビザの主な目的として自身の語学力アップやキャリアアップなどがメインなのですが、J1ビザを持っていればハワイ現地の会社では社員と同じように働くことが出来ます。

人気の地、ハワイ

人気の地、ハワイ

ハワイの観光客の1/4が日本人です。日本人観光客をターゲットにした企業ももちろんあり、このため日本からのインターン受け入れ企業が多くあり、またハワイはアメリカの中で治安が良いとされていますので、はじめて海外で働く方にとって、非常に人気の高い地域となります。しかし。物価が高いのは周知の事実。ハワイで働く方は日本での貯金があってこそ生活ができている状態です。しかし、英語を学びながら、ハワイで働くことが出来きるという体験はみなさんにとって素晴らしい経験になるのは間違いありません。英語を使い、世界で活躍する人材になるためのファーストステップとしてハワイは選ばれています。

J1ビザ取得条件について

J1ビザ取得条件について

1日本(又はアメリカ以外の国)での大学(専門学校含む)卒業、同時にそれらの国で1年以上の実務経験をお持ちの方
2.または高校卒業後、日本(又はアメリカ以外の国)で5年の実務経験がある方


ビザ取得にあたり簡単な英語が必要な場面もありますが、J1ビザを取得するには、英語力が必要不可欠ではありません。最初は多少英語が苦手でも、ハワイでのインターンの実務経験を積めば必ず上達していきます。まずは、ハワイカイラウェディングスクールに参加してみませんか?3日間集中コースからの短期留学からみなさまの夢が始まります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。