ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ウェディングプランナーに求められるスキルとは?

ウェディングプランナーに求められるスキルとは?
ウェディングプランナーは新郎新婦様が輝けるようにお手伝いをすることが求められます。一生に一度の大切な日をより輝かせるためには、さまざまなスキルが必要となります。ここでは具体的に、どのようなスキルがウェディングプランナーに必要なのかをご紹介します。
スキルを取得してウェディングプランナーとしての質の高さを向上させ、より新郎新婦様を輝かせることができるウェディングプランナーを目指しましょう。
1〜コミュニケーション能力〜
1〜コミュニケーション能力〜
どのような仕事においてもコミュニケーション能力は必要になってきます。ウェディングプランナーの場合は特に「聴く力」が重要になります。まずは新郎新婦様のウェディングイメージをしっかりと聴取ることが大切です。ご希望やご意見をしっかりと聴いたうえで、カウンセリングを行います。信頼関係を築き新郎新婦の理想的なウェディングを実現するには、コミュニケーション能力がとても大切なのです。
2〜営業力〜
2〜営業力〜
ウェディングプランナーとして幸せを形にするお手伝いがしたいと言っても、ビジネスであることには変わりません。自社でのウェディングメリットをお伝えし、自分を選んでもらえるようにすることが大切です。営業丸出しでアプローチするのではなく新郎新婦様に対して真摯に対応していくことが営業へと繋がり、依頼を受けるチャンスとなります。
3〜パソコンのスキル〜
3〜パソコンのスキル〜
現在の仕事ではパソコンで管理したり、制作したりすることが殆どです。パンフレットでウェディングのイメージや衣装を伝えるだけではなく、パソコンを使用してウェディングの雰囲気や衣装のカラーやデザインなどを動画やスライドなどで紹介すれば、よりイメージが伝わりやすくなります。より良い提案ができるようにパソコンのスキルも身につけておくと良いでしょう。
4〜接客・マナーのスキル〜
とても重要なスキルです。
叶えるには難しい希望や不平不満を伝えてくる新郎新婦様に対して、怪訝そうな顔や態度をするプランナーではいけません。対応方法をどうすればいいのか?気持ちよくウェディングを迎えていただけるにはどんな方法があるのか?を学んでおく必要があります。基本的なお客様の迎え方、挨拶の仕方、お辞儀の仕方など身につけておきましょう。さまざまなケースに合わせて対応方法を整理しておくのも良いでしょう。自分はプロのプランナーであるという意識を大切にして、どのようなお客様に対しても仕事を行っていくようにしましょう。
5〜プラニンングスキル〜
新郎新婦様が希望されるウェディングにするために、プランニングスキルは欠かせないものです。希望を取り入れ、さらにプロとしての知恵を加えてオリジナルのウェディングプランニングができるようにすることが大切です。スキルを磨くために、今まで実際に行われたウェディングプランや国内外の情報を取り入れ、自分自身のプランバリエーションを増やしていくことを心掛けましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。