ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

ウェディングプランナーなら知っておきたいサムシングフォー

ウェディングプランナーなら知っておきたいサムシングフォー
古くからヨーロッパで伝えられている、花嫁が幸せな結婚生活を送ることができるためのおまじないがあるのをご存知でしょうか?
その方法は、花嫁が結婚式当日に4つの特別なアイテムを身に着けること。女性なら一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。
しかしこの4つをすぐに挙げられるだけでなく、どのように結婚式に取り入れるかをアドバイスできてこそ、プロのウェディングプランナー。
そこで、このページではウェディングプランナーなら知っておきたい「サムシングフォー」についてお伝えします。

サムシングフォーとは

サムシングフォーとは
ヨーロッパでは200年以上昔から取り入れられている結婚式のおまじないで、花嫁は幸せを願って「サムシングフォー(something four)」と呼ばれる4つのアイテムを身に着けます。
Something old, something new, something borrowed, something blue, and a sixpence in her shoe.
(何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を)というマザーグースの歌に由来しているもので、最近では日本の女性のあいだでもポピュラーになっています。

サムシングオールド(something old)

豊かな新生活が送れるよう、先祖から伝わるものを受け継ぎ繁栄を願うという意味が込められています。結婚式では、母親や祖母から譲り受けたウェディングドレスやアクセサリー、ハンカチなどを身に着けるのが一般的です。アンティークなままでも現代風にリメイクしてもOK。

サムシングニュー(something new)

新しい何かを身に着けることは、これからの新生活や未来への希望を象徴しています。ウェディングドレスからシューズ、インナー、グローブなど、結婚式当日に新調するものであれば何でも構いませんが、白い物に取り入れることが多いようです。

サムシングボロー(something borrowed)

幸せな結婚生活を送っている人にあやかるために、すでに結婚している方から何かを借ります。日本ではハンカチやアクセサリーがポピュラーですが、欧米ではベールを借りるのが主流。幸せな先輩から幸運のおすそわけをしてもらいましょう。

サムシングブルー(something blue)

サムシングブルー(something blue)
「青い鳥」のお話に象徴されるように、青は幸せを呼ぶ色。また同時に花嫁の純潔や清らかさを表していて、聖母マリアのシンボルカラーでもあります。結婚式では目立たないところに着けるのがよいとされているので、欧米ではガーターベルトや下着にブルーのリボンを付けたりして取り入れる花嫁が多いのだとか。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。