ハワイ・インターンシップなら|カイラウェディングスクール

page top

海外ウェディングプランナーに英語は必須!?

海外ウェディングプランナーに英語は必須!?
海外ウェディングプランナーに英語は必須でしょうか。とても気になるこの話題のご紹介です。
ハワイカイラウェディングスクールは、結婚式を段取りするにあたり欠かせない存在となるウェディングプランナーになりたいみなさまのためのウェディングスクール。ハワイウェディングの実際の現場でインターンを行っています。

英語ができるウェディングプランナーは有利

英語ができるウェディングプランナーは有利
今や小学校から英語を学ぶ時代です。英語が話せるということで仕事の幅だけでなく、ご自身の活動・興味の幅も広がります。
海外で働く上でやはり英語は必須。お客様が日本人の多いウェディング関連企業に入ったとしても、手配をするときには英語が必要になります。ハワイやグアムで日本人のウェディングプランナーが必要とされるのは、数多い日本人のお客様に対応ができ、自分たち会社とのコミニュケーションが取れるため。
また、日本国内でプランナーとして働く際にも欧米のウェディングに関する知識を持ち、英語を話すことができれば、外国人の方の結婚式や国際結婚のカップルのプロデュースも受けることができます。さまざまなお客さまのリクエストにお応えするためにも英語でのコミニュケーションはとても大切です。国際化が進む中、英語を話せることはとても有利といえるでしょう。

英語を学ぶのは一生のこと

英語を学ぶのは一生のこと
国内で英語を身に着けようとなると、英会話スクールに通う、Skypeで先生による英語のレッスンを受ける、独学で学ぶ、など方法はいくらでもあります。
言葉を学ぶのは一生のことです。新しい単語を覚え、表現方法や、ウェディングの専門用語も覚えなければなりません。しかし、世界各国、結婚の儀式は行われているため、プランナーの需要はなくなりません。自分の努力次第で活躍の場は世界中へと広がり憧れは現実のものとなります。
ハワイカイラウェディングスクールの『ハワイウェディング3日間集中スクール』は、凝縮したカリキュラムでハワイウェディングについて学べる、3日間集中型の午後のみのプログラムです。午前中に現地の語学学校で英語を学ばれる方もたくさんいらっしゃいます。充実したハワイライフはみなさんのお申し込みから始まります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。